資格を活かした就職先を見つける

園児達

保育士が転職するにおいて、休みが取りにくく給料面での不満を理由にあげる人が多いのが特徴です。仕事自体は好きだけれど、より良い待遇を求め転職に踏み切るというのが実情のようです。そのため、保育士の転職では資格を活貸せる職場を選ぶのが良いでしょう。別の保育園で働くほか、ベビーシッターや学童保育を新しい転職先とするのもおすすめです。また、新しくオープンする保育園なら、人間関係のしがらみもなくストレスフリーで働ける環境が整っています。保育士として働いていた人が全く別の職種に転職するのは、新鮮であると同時に慣れない仕事にストレスを感じることもあります。保育士の経験を活かせる職場を選ぶほうが成功するでしょう。

ネットを活用する

園児と先生

保育士が転職活動をする場合、最も手っ取り早いのはネットの活用です。インターネット上には総合転職サイトのほか、保育士専門の転職サイトもたくさんあるので、希望に合った職場を見つけることができます。無料で利用できるうえ、サイト内から履歴書を送れるので便利です。また、給料や職場のロケーション、施設の形態など、検索項目を絞って探せるので、希望にそった職場をピックアップしやすくなります。3つか4つ気になる職場を見つけたら、履歴書を送ってみると良いでしょう。ただし、給料が高かったり、福利厚生が充実していたりなど、条件の良い職場はすぐになくなってしまうので、素早く応募するのが賢明です。

エージェントを利用する

園児と先生

保育士が条件の良い職場をできるだけ早く見つけたいなら、転職エージェントを利用するのが良いでしょう。専任のアドバイザーが希望に合う職場を紹介してくれるので、短期間で満足できる転職先を見つけられます。転職エージェントは一般に公開されていない好条件の職場をたくさん保有しており、エージェントを利用していない人よりも有利に進められます。また、アドバイザーはそれぞれの職場の待遇面はもちろん人間関係なども知っているので、事前に職場の情報を知ることが可能です。転職してから、こんなはずではなかったと後悔するリスクが少なくなります。そのほかにも、履歴書はどのように書けばよいのか、面接ではどんな受け答えをすればいいのかなど、きちんとアドバイスしてくれます。待遇面で不満がある場合は掛け合ってくれるので、非常に頼りになる存在です。ほとんどの場合無料で利用できるので、経済的な負担もゼロで良い転職先が見つけられます。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3